フラコラ.com(効果・副作用など)

フラコラ成分・効果

■フラコラとメタボ

フラコラにはコラーゲンが数多く含まれています。コラーゲンは、メタボ対策にも効果があることで知られています。メタボは、メタボリックシンドロームのことで、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、高脂血症のいずれか1つを合併した病状を言います。 コラーゲンには高脂血症をもたらし、動脈硬化などの原因と言われる、血中のコレステロールや中性脂肪を抑える働きがあることが判明しています。また、血圧を下げる効果もあります。

内臓脂肪を減らせば、メタボリックシンドロームを防ぐことができます。内臓脂肪を減らす方法の基本はダイエットです。コラーゲンは細胞と細胞の間にあり、細胞に酸素や栄養を供給して老廃物を排出する働きがあります。年々不足するコラーゲンを十分補えば、新陳代謝が盛んになり、脂肪の蓄積が抑えられます。つまり、コラーゲンはダイエットの効果もあるのです。

ダイエットを目的に飲むのなら、コラーゲンをコーヒーに入れて飲むと効果的です。コーヒーは、体脂肪を燃焼させるのに有効なカフェイン)が多く含まれ、ダイエット効果に優れた飲み物です。カフェインは、交感神経の働きを活発にする作用があり、交感神経を活発化させると、ノルアドレナリンが分泌されて褐色脂肪細胞に作用し、体脂肪の分解を促し、脂肪の燃焼を促進させることになるのです。

フラコラには、フラコラ コラーゲンパウダーもあります。フラコラと同じ魚鱗由来の低分子フィッシュコラーゲンを使用した粉末コラーゲンで、スティック1本あたり、5,000mgのフィッシュコラーゲンを摂ることができます。コラーゲン特有の臭いや味がなく、コーヒー・牛乳などのドリンクに加え、手軽に飲むことができます。コーヒーに加えて飲むと、ダイエット効果が期待できるでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 フラコラ.com(効果・副作用など) All Rights Reserved.